下堂園オンラインストア

鹿児島茶専門店<下堂園>のオンラインストアです。鹿児島伝統の深蒸し茶をはじめ、素材の味を活かしたブレンドティーや人気の緑茶チョコレートなどをご紹介しております。老舗の技を活かした新しいお茶のスタイルを世界に向けて発信してまいります。

秋限定 秋の緑茶
契約農家の茶園から秋の新芽で製造した「厳選秋摘の茶葉」と、
独自の火入れ加工技術で仕上げた「特撰深蒸し茶葉」をブレンドした期間限定商品です。
自然の彩りが秋へと移ろうこの季節にオススメの爽やかな風味と深い味わい、
「秋の緑茶」をご賞味ください。
秋限定
甘み
渋み
深み
香り
炒りたてのお茶の香ばしい香り。
口当たり
程よい渋さがありながらも、すっきりとした後味。
こんな時にオススメ
涼しい風を感じる秋の夜長に。読書中のおともに。
<~11/28まで>
秋限定 秋の緑茶
【内容量】袋/80g 缶詰/100g
【包装】袋・缶詰
【原材料名】緑茶
【賞味期限】袋/6ヶ月 缶詰/12ヶ月

タイプ 
個 数 
※3袋まではヤマト運輸のメール便でお届けいたします。
※缶詰は1缶からヤマト運輸通常便でお届けいたします。




代表茶師がゆたかみどりの品質を吟味
代表茶師が、甘み、渋み、深み、香り、口当たりなど、さまざまな角度から吟味を重ねてより分けたゆたかみどりの茶葉は、「千両/萬両/いにしへ/こころへ/極」という5段階に選別されます。

「新茶 春便り」は、選び抜かれた品質の高い新茶を使い、その若々しい清涼感をもっとも良く引き出すために焙煎に熟練の工夫をこらした茶です。通常よりも火をおさえて焙煎を施す事により、ゆたかみどり特有の甘みとコク、新茶らしい若々しさをバランスよく兼ね備えた茶が出来ました。
「ゆたかみどり」の味を決める「被覆」と「深蒸し」、そして「火入れ」
私たちの「ゆたかみどり」を、緑茶として馴染み深い「やぶきた」と同じ生産・加工方法でお茶に仕上げても、良い味になりません。そこには特別な技術が必要となります。

具体的には、被覆(収穫1週間前くらいから、黒い覆いを茶園に被せること)と深蒸し(収穫した葉を、たくさんの蒸気で蒸すこと)、そして熟練の職人による「火入れ」の技術が、「ゆたかみどり」の美味しさを生み出すカギとなります。
「被覆」の技術
一番茶新葉の効果抑制及び、渋味の減少、美しい濃緑の水色を生み出すために、摘採の1週間前から遮光率60%の黒バロンなどで直接・間接 「被覆」を行う。
「深蒸し」の技術
生茶葉から煎茶を造る最初の工程、「蒸し」の時間を1分から3分程度と長くする。その長い蒸し時間によって、茶葉からの滲出成分が通常の煎茶より多くなり、濃くまろやかな味わいとなる。
「火入れ」の技術
火入れ専門の技術者が、その年の出来や、農家さん、産地の特徴を見極め、長年の経験によって培われた焙煎技術により、ゆたかみどりの香りとうまみを引き出す。
「深蒸し茶」が健康に良い理由
NHKのテレビ番組「ためしてガッテン」で紹介され、一気に全国で有名になった深蒸し茶の健康効果。 番組で深蒸し茶内の成分を調べたところ、普通のお茶にはほとんど含まれない健康成分を発見したといいます。それは、βカロテン、ビタミンEとクロロフィル。

βカロテンには抗酸化作用、ビタミンEには血行促進作用や免疫機能改善効果、クロロフィルには腸内環境を整える働きがあります。番組では、緑茶が悪玉コレステロール値の改善やガン予防に効果があるとしており、深蒸し茶は“おいしさ”だけでなく、“健康”といった側面からも大きな注目を集めています。